WiMAXとイーモバイルなどの違い

WiMAXはEMOBILEとどう違うの?

WiMAXが他キャリア(EMOBILE・ドコモ・ソフトバンク・au)などと大きく違う特徴は帯域制限がないことです。これはかなりメリットがあり現状では他キャリアと大きく差別化されています。

ネット通信を頻繁に使わない人であればWiMAX以外のキャリアも強くお勧めすることができますが、ヘビーユーザーにおいてモバイル回線ではWiMAX以外考えられないのではないでしょうか。ここで簡単ですが帯域制限について解説も交えたいと思います。

帯域制限ってなに?

帯域制限は別名、通信量制限とも呼ばれます。キャリアの定めた規定の通信量に達すると通信速度が極端に遅くなってしまうシステムです。動画の長時間視聴や大容量のデータのやりとりなどをするとこの規制に引っかかりやすいです。

この制限がWiMAX以外のキャリアはついて回ります。なのでネットを頻繁にハードに使うヘビーユーザーにはこの規制がかかりうやすい特徴があるのです。

WiMAXと他キャリアの帯域制限の比較

モバイルキャリア 月額料金 通信方式 特徴 通信制限
NTTドコモ 5985円 LTE ドコモの場合は速度は速いですが料金は高く、制限規制もあります。 月間7GBまで
au 5985円 LTE auに関してもドコモと似たような感じで勧められるキャリアではないかなぁ。 月間7GBまで
ソフトバンク 3880円 LTE 3日間といった小スパンのため利用用途に考える部分もでてくる。 3日間で1GBまで
イーモバイル 3880円 LTE 1日の通信量がかなり少ない。これは少しリスクが大きいですね。 1日366MBまで
UQ WiMAX 3880円 WiMAX 帯域制限がないのはWiMAXだけ。ネットが使い放題とこのこと。 通信量制限なし

WiMAXやEMOBILEはモバイル回線専門なので他の携帯キャリアと比べても一歩リードしている感がありますがEMOBILEではやはり帯域制限の幅が狭い印象がありますよね。これではHD動画を少し見るだけで規制にかかり使えたものではありません。

やはりモバイル回線を選ぶならWiMAXの方がかなり有利な条件で使えるキャリアとなっています。

※TOPページに戻る
WiMAXは速度では他キャリアに劣っている面がありますが体感速度が変わらないといった評判ばかりです。ここは良いとして一番の大きな違いは帯域制限にあります。